叱らない・怒らない教育、ベビーパークの無料体験レッスンに行ってきた【体験レポ】

こんにちは!AKAmama(@ak_amama)です。

先日、0歳5ヶ月の子供と一緒にベビーパークという乳児親子教室の無料体験会に参加してきました。

ベビーパークの教育方針は「叱らずに個性を育てる育児」という教育法で、お母さんが子育てを楽しみながら、心優しく知能・健康共に優良な子どもを育てる教育をしてくれる親子教室。

ベビーパークの体験会に行ってみて、子供も大人も学べる新しい親子教室は、子供にとっても育児する側の母親自身も、勉強になる部分が多かったので、体験レポートしたいと思います。

ベビーパークの体験教室に参加した理由

現在0歳5ヶ月と3歳の上の子の平日休日ほぼワンオペ2人育児で、下の子が生まれてからは、赤ちゃん返りもあり上の子に手がかかり、イヤイヤ期でなかなか言うことを聞いてくれず、下の子が泣いているのに言うことを聞いてくれない上の子に、つい怒ってしまうことも多くなっていました。

怒りたくないのに怒ってしまった時の自分に、自己嫌悪を抱いていました。

怒って言うことを聞かせたくないけど、怒らないということを聞いてくれない。
とっさ怒ってしまう抑えられない感情をどう解消したらいいのか。。

どうやって上の子に言葉で伝えると言うことを聞いてくれるのか、日々悩んだりしていて、ベビーパークの「叱らずに個性を育てる育児」という教育方針に興味を持ったので無料体験レッスンに参加してきました。

無料体験レッスンの内容

無料体験レッスンは2回で、育児勉強会50分とフルレッスン50分です。

1回目の育児勉強会

なぜ、3歳までの育児で才能が決まるのか?を詳しく説明してくれます。

・3歳までは親から譲り受ける部分より親が育ててあげる部分の方が遥かに大きい
・シナプスという神経細胞の原理

などの解説があり、その都度こちらの疑問点やわからなかった部分は無かったか丁寧に聞いてくれました。

2回目のフルレッスン体験

マザーリング
毎回テーマに沿った育児知識を先生に相談したり、他のママさん達と共有できたりします。

・叱らない育児の実践方法
・授乳や離乳食に関しての悩み
・今の育児が将来どのような成果に結びついていくのか?
・性格としつけ

ベビーマッサージ
赤ちゃんとお母さんとのスキンシップ、体のふれあいでコミュニケーションをとります。
太ももを優しく内側から外へ足首の方に向かって脚をマッサージしたり、優しく皮膚を摘まんであげたりして、赤ちゃんに刺激やリラックスを与えて感覚神経を刺激します。

フラッシュカードによるトレーニング
動物や漢字、数字などが描かれたフラッシュカードを見ます。

【Voila ボイラ 知育玩具】レインボーアバカス | 誕生日 男 おもちゃ 女 木のおもちゃ プレゼント 知育玩具 3歳 誕生日プレゼント 男の子 4歳 子供 女の子 おしゃれ 5歳 出産祝い 木製 6歳 幼児 木 100玉そろばん 7歳 子どもおもちゃ クリスマスプレゼント クリスマス

created by Rinker

大玉そろばん
赤ちゃんが握ることができるカラーリングが可愛いレインボーアバカスという大玉のそろばん。赤ちゃんと一緒に10の数まで1つずつ動かして数えていきます。
インテリアとしてもかわいいです♪

はいはいのトレーニング
後ろから足の裏に手を当てて壁のようにして蹴りだすようにさせることで、はいはいの原理を理解させる。

日本語・英語の歌
可愛い絵の描かれた楽譜を見て先生と一緒に歌う練習をします。

音符を見てコードを見せる
四分音符、八分音符などの♪や、CやEなどのコードを先生が見せて先生が説明します。

などなど、他にも良い脳を作るアクティビティは数百種類あるそうです!

勧誘はしつこくない?

体験レッスン後、どうでしたか?と質問がありキャンペーンの内容を軽く説明していただきましたが、特に無理におすすめするような勧誘はありませんでした。

夫と相談して決めますと伝えたら、後日また電話で連絡してもいいでしょうか?と一言ありました。

体験レッスンを受けて驚いたこと

教室の壁には柿の絵と絵の下に柿と書いてあったり、実物の時計の下に時計と書いた紙が貼られていて、なんでひらがなじゃなく漢字なんだろう?と疑問に思っていたのですが、0歳児の赤ちゃんに漢字を見せて読み教えていました。

ひらがなより漢字の方が、個性が強い文字なので赤ちゃんは覚えやすいとのこと。
カタカナは似通って見えて一番覚えるのが難しいそうです。

毎週覚えさせて特訓すると、自分のフルネームも漢字で書いた紙を持ってくることができるそうです。

体験レッスンを受けてみての感想

親も楽しく育児をする方法を一緒に学び、子供だけでなく親も成長していけるような育児法を教えてくれる場所でした。

マザーリングでは、自宅で子供への教育の悩みを相談したり、講師が育児経験のあるお母さんなので、安心して相談することができました。

実家と離れて暮らしている人や、ワンオペ育児で相談できる相手がいない人にも心のより所になるような場所だと思います。

親がやってあげるのではなく、子供にさせることを少しでも意識することで、子供自身が頭で理解するようになり、できることが増えたりするので子供の可能性を伸ばすためには親の意識も重要なんだなと感じました。